シーケンシャルミッション専用
レーシングギヤオイル

ー 80W-180 ー

 シーケンシャルミッションが最適な要件と粘度を求めたAPJオリジナルのシーケンシャル専用レーシングギヤオイルです。

APJオリジナルシーケンシャル専用ギヤオイル開発の経緯

シーケンシャルミッションは各メーカーによってオイルの指定がありますが海外製シーケンシャルの場合、粘度は多種多様でその指定のメーカーオイルはまず日本で販売されていません。
TTiシーケンシャルの指定はCastrol Axleの75W-140、KotoucはMillersの75W-140、QuaifeはFUCHSの75W-90など様々でそのようなオイルは日本で手に入りません。
一般の真鍮製シンクロや斜めで擦れ合うヘリカルギヤと違い、ドグ歯式ドグミッションやストレートカット歯のミッションの場合はドグ歯がぶつかり合うので、簡単に言うとギヤに一番過酷なデフ用ギヤオイルが適することになります。そこで一般的には75W-120や80W-140と言う粘度のギヤオイルをシーケンシャルユーザーが使用するのが通例となる訳です。

ただし1点だけ要注意なオイルがあります
それは『ショックプルーフオイル』と呼ばれるオイルです。ショックプルーフと言われているのになぜかショックに弱い?(誤解を恐れず言えば・・;)理由は分かりませんがこのオイルを使用するとハイパワーを受け止めるストレートカットのギア歯に虫食いが発生するのです。従って各メーカー共に使用禁止オイルになっています。


虫食いとは、すなわち油幕切れを起こして歯が叩かれてダメになる・・・。オイルはその対象となる金属との相性もあるので何とも言えない部分があります。しかしながらここ何年も国内で手に入る一流のオイルを試して来ましたが金属的にはなんら問題は有りません。 

ポイントはフィーリングか?

ここ数年シーケンシャルユーザー様のご協力のもと調査したのですが
75W-120:サーキット周回、NA、冬用。ただし、連続走行でタレてくると金属音が大きくなる。
80W-140:サーキット周回、ターボ、全般用。ただし、ドリフト車両で500馬力を超える場合、やっぱり連続走行でタレてくると金属音が大きくなる。やはりドリフトはアクセルのオン・オフが激しいために周回車両よりもミッションには超過酷。
80W-250:超ハイパワー、ドリフト車両にはこれでは?しかし低温時にはちょっと固いのでは?過酷な状況でガンガン走ると安心面ではやはりこれかな!と感じる。

と言うことは、上の粘度が250より少し低ければベストなのかも?

 そのような経緯を経て、平野懇意の超一流オイルメーカー様にご協力賜り、この80W-180を作って頂き、これをご協力車両にて半年以上実走テストを重ね、『これじゃん?いいじゃん!』とシーケンユーザー様満場一致で誕生した訳です。
従ってオイルの品質は言うことなし。この粘度に対する粘度指数や各データも詳細に希望いただければ出せます。
 ギヤオイルは、エンジンオイル同様に使用者がそれぞれの車やステージに合ったオイル、好み、実績などで選定すれば良いと思います。
例えば、熱ダレして連続周回やハイパワー、高温時に上が物足りないなどと思ったら250を使うのも良いと思いますし、この80W-180も選択肢の一つに加えてはいかがでしょうか。

オイルの粘度は(40℃)と(100℃)時の数値を各メーカーが表示しています。
簡単に言うと数字が大きい=固い。数字が小さい=緩いとお考えください。
[40℃]:低温始動の目安。なるべく数字は低くあって欲しい。数字が高いと低温で固いので暖まるまでがもどかしいです。
[100℃]:高温ガンガン走行時の目安。ギアを守るべくある程度粘度は出て欲しい。ここで高過ぎると抵抗となって馬力ダウンにつながります。
ご注意いただきたいのは、オイルは粘度だけを注目するものでは有りません。あくまで目安となります

代表性状

  • FR車用・FULL SYNTHETIC・自動車ギア用
  • 型番:APJ SGO1L80W-180
  • SAE:80W-180相当
  • API:GL-5相当
  • 粘度指数:166
  • 動粘度:251.7(40℃)・31.26(100℃)

FR車用・FULL SYNTHETIC・自動車ギア用
80W-180 1リットル入
定価:¥4,180(税別¥3,800)

常時在庫に限り(常に在庫していません)があります。業販にて複数量ご希望の場合は事前にお問い合わせください。