車高調の伸び縮みデータが取れるセンサー

リニアストロークセンサー

一言で言えば車高調の伸び縮みデータが取れる
このストロークセンサーを車庫調にステーなどで固定することで、車高の伸び縮みデータが取れるようになります。

こんなことが可能に

・大きなGTウィングで速度が上昇するごとにどれだけダウンフォースが効いて車高が下がるのか?
・低速・高速コーナーそれぞれでフルブレーキングでどれだけフロントの車高が下がるのか?
・コーナリング時にどれだけ外側がストロークするのか?
・テールスライドしている時はどんな波形になるのか?

など、これらが分かれば足と空力のセッティング、バネレートなどのシャシーセッティングが見えてくるはずです。
4輪に限らず、バイクにも最高のセッティングアイテムだと言えます

リニアストロークセンサーは、欧州のモータースポーツシーンでは当たり前のように使われていて、フォーミュラをはじめとする各種レース、さらには「2輪などはほぼ装着している」との事です。

レース車両は過酷な振動下にある為、センサー自体の剛性は航空・宇宙のミルスペックのレベルでの耐久性が求められます。
当社のツテを頼りヨーロッパなど専門の人やメーカー研究開発関係に聞きまくりようやく辿りついたのがこのセンサー(英国製)でした。

リニアストロークセンサー仕様

仕様

当社で販売するリニアストロークセンサーは、文字通りストロークを微細に計測する事が可能で、1本辺りの配線は3本。5V電源・アース、そして出力信号線からストロークごとに電圧を0〜5Vで吐き出します。

フルコンやレース用メーターを装着している車両ならばAN入力できるのでロガー測定可能です。サンプリング速度はフルコンやメーターの仕様と性能に準じることになります。

●高耐熱 ●防塵/防水保護 ●ポップジョイント
測定範囲0 ~ 25 mm、50mm, 75mm, 100mm, 125mm, 150mm, 175 mm
測定対象参考例フロント/リヤ サスペンション、アクチュエーター 他
動作速度最大 5 m / s
センサー寿命2500万サイクル
本体長173mm + 100mm = 273mm
重量1本=92g
ケーブル長500 mm (RAYCHEM 55電線 AWG#24 / VITONチューブ)
赤色(供給電圧/GND) / 白色(出力) / 黒色(GND/供給電圧)

キット価格

本センサーは工業用とは異なり、高振動で高耐久性のセンサーのため他社では4本セットで約30万円前後と非常に高額です。
しかし当社では独自の入手ルート、および某海外企業担当との交渉およびサポート知識が認められたので競争力のある価格設定が可能となりました。これはAPJ平野が適正な価格で必要とするユーザー様に広く使ってもらいたいという理念による設定です。

APJリニアストロークセンサー
装着参考事例

品名:リニアストロークセンサー 2本
品番:S4S2-100
(二輪車向け)

キット定価(税別)¥64,000
(税込¥70,400)

品名:リニアストロークセンサー 4本
品番:S4S4-100
(四輪車向け)

キット定価(税別)¥120,000
(税込¥132,000)

品名:リニアストロークセンサー 1本
品番:S4S1-100
(補修用)

キット定価(税別)¥34,000
(税込¥37,400)

この製品は常時在庫しておりません。

特殊な製品のため常時在庫しておりません。お客様の注文状況により在庫分を入荷しております。タイミングにより在庫がない場合は3週間〜1ヶ月となります。
 また現在の国際情勢、為替の動向により価格をお見積時変更させていただくことがありますのでご理解いただきたくお願いいたします。

筑波:55秒2の車両への装着例

筑波で2022/2月某日 55秒2を出した車両の許可を頂き掲載いたします。
車両への装着は、その足回りの形式などにより様々ですが、チューナー様にとっては比較的簡単ではないかと思います。

MOTEC C125メーターへの接続例

APJ車高調ストロークセンサー

この車両はMOTEC制御なので、 クラスターメーターC125に接続し、そのロガーデータで表示させた画像です。
設定は、ドライバー乗車状態で地面での1G状態をゼロ点にしてセット。その車体をジャッキアップして4本全て伸び切った状態の数値を表示しているのが上記画像です。
 ちなみに右上に出ているタイムは、筑波走行時のタイムが表示されています。車両はもちろん、APJ平野が関わったAPJてんこ盛りマシン。
4本それぞれの数値が異なっているのには理由があり、このマシンがコーナーウェイト調整で4輪の重量配分で車高調整してあるためです。

取得した数値やグラフの見方

脚のセットはどこまでも深い!全てが兼ね合って絡み合う世界を探求する旅である。

APJリニアストロークセンサーMOTEC-C125

わかりやすくするために、画像に筑波の各コーナーとシフトのギヤ数を書き込んであります。車両はかなりのハイレートを組んでいる空力マシン、巨大なウィングがいかに効いているのかがグラフから読み取れます。
1コーナーの進入のフルブレーキングで22mm以上の沈み込み。こうなると完全にバネは線間密着もしくはバンプラバーが潰れている状態だと想像できます。
さらには、ブレーキング後に線が震えているのは上下動しているな?
伸びの減衰が足りないのかな?
空力と相まってだから立ち上がりアンダーで踏めないのかも?
などセッティングに役立つ情報が想像できます。

そして筑波裏ストレートエンドのブレーキング手前の時点
・フロント:13mmダウン
・リア:18mmダウン

空力だけで、これだけ押されていることがわかるのです。

バネレートを変えれば如実にストロークに表れるのでセッティングもしやすくなる。
●コーナリング中では対角で見て動きを考察する事ができるようになる。

だから!
脚のセットはどこまでも深い!
『全てが兼ね合って絡み合う世界を探求する旅なのです』

製品紹介ムービー