EWPをお買い求めいただたお客様車両の画像集です。

EWP電動ウォーターポンプを装着するには

純正ウォーターポンプの動きを止める

EWPを装着する為には必ず純正ウォーターポンプ(W/P)の動きを止めなければなりません。
サーキットメインなのか街乗り重視か、目的によって方法は様々であり、エンジンによって純正ウォーターポンプの取付形式は多種多様ですが以下の三つの方法に分けられます。
1.純正ウォーターポンプのプーリーとベルトを外してショートベルト化
2.純正ウォーターポンプの内部の羽を折る方法
3.ウォーターポンプ本体を加工orプレート類を用意して置き換える方法

があります。

1. 純正ウォーターポンプのプーリーとベルトを外してショートベルト化

●エンジン正面で4~6PKベルトでクランクプーリーと繋がれ、プーリーで駆動している場合は、ベルトとプーリーだけ外してそのままにして、純正のベルトを外し、ショートベルト化にします。ポンプの抵抗が減る分、馬力にも恩恵が期待できる。
メリット
プーリーとベルトを取ってそのままにするだけなので最も簡単な方法で、部品は車に入れておけば万が一EWPに問題が生じた時にすぐ戻せることが可能です。

デメリット;機能には問題ないですが、見た目があまり良くありません。

純正ウォーターポンプを動かなくする
2. 純正ウォーターポンプの内部の羽を折る方法

タイミングベルト駆動や表ベルトの位置関係からどうしてもウォーターポンププーリーを取り外せない場合は一度ウォーターポンプを取り外して内部の羽を折り、全て戻します。

純正ウォーターポンプの羽を折り無効化する
3. ウォーターポンプ本体を加工orプレート類を用意して置き換える方法。

・左の写真のように、くり抜いて丸いアルミ板を溶接しカバーとする。この場合、溶接に不具合があるとクーラント漏れが発するので手間と技術が必要。 
・右の写真は、形状に合ったウォーターポンプカバーを用意して付け替える。メリットが見た目にすっきりしてカッコ良いし、しっかりと蓋をするので漏れの発生もない。

それぞれエンジンに合ったやり方、車の使い方によりやり方は千差万別です。
この中で一番多い方法であり、おすすめはウォーターポンプの蓋の形状に合ったプレートで蓋をしてしまうことです。エンジンルームを開けた時のすっきりしたかっこよさと、水流の抵抗が一切なくなるのでおすすめです。


サーモスタットの扱いについて

サーモスタットは撤去が望ましい

純正で取り付けられているサーモスタットは撤去することを強くお勧めします。理由として水温が低い時は、EWP電動ウォーターポンプは間欠運転を行うため水温は上昇します。サーモスタットが取り付いた状態ですと、EWPがフル稼働した時にそこが障害となり流動抵抗が増えてしまいます。
しかしどうしてもサーモスタットを残して低温時の発熱性を上げたいとなれば、おすすめはあまりしませんが、サーモスタット自体に5mmもしくは4mmの穴を開けて装着してください。APJとしては可能な限り撤去を強くお勧めします。

EWP装着のメリットについて

クーリングがとても早くなる

サーキット走行やドリフトで水温が上昇した際は低速低回転でクーリングを行う事は容易にご想像頂けると思いますが、純正ウォーターポンプではエンジン回転が低いとクーラントの流れ(流量)は分/50Lも流れません。しかし例えばEWP80ならエンジン回転数に関係なく設定した温度に下がるまで全開(分/80L)で流れるのでクーリングが驚くほど早くなります。

攻めた走行後でもエンジンをすぐ停止できる

水温が最も上昇するのはエンジンを切った直後です。ラジエーターに当たる風がなくなり、回っていたファンとポンプが停止した途端にエンジン全体の水温が急激に上昇して最悪エンジンが歪むことになります。EWP電動ウォーターポンプを装着すればサーキット走行等を終えてピットに戻りエンジンを切った後でも電源をONにさえすれば電動ウォーターポンプがクーラントを循環させてエンジンを設定温度まで冷やし、エンジンを保護する事が可能(NA/ターボ共に)になります。

馬力が上がる

クランクプーリーからベルトを介して駆動する純正ウォーターポンプをプーリーごと排除するため負担が減り、出力の向上が見込まれます。APJで測定したホンダS2000においては辛い数字ではありますが1%(約3馬力)向上しました。NAエンジンを考慮すると大きな結果と言えます。アメ車のV8エンジンにおいては最大で10%向上したエンジンもあるとの事です。

キャビテーションの発生を抑えるので冷却効率が高い

キャビテーションとは液体の圧力差から泡が自然発生するメカニズムです。純正ウォーターポンプの羽部分、もしくは水路を塞ぐ事によって機能するサーモスタット直後で最も発生していると言われています。車両においてはアイドリングから高回転まで常にアクセル(回転数)と連動して純正ウォーターポンプが回転する事から圧力差は普遍的に発生しており、キャビテーションは大小発生して泡の気体がクーラント温度を上昇させています。

EWPは、圧力差が発生しやすいエンジン回転(アクセル挙動)に依存されず常に安定した流量で冷却水を循環させ、また専用のコントローラーを装着すれば設定した水温に対して安定した流量をコントロールする事ができるため、キャビテーションが抑えられ卓越した冷却性能を発揮します。

クーラント内に発生したキャビテーションを視覚化しました。この細かな気泡の一つ一つが熱膨張を起こし水温上昇につながります。

クーラント内のエアをEWP電動ウォーターポンプを駆動させて「エア抜き」を行なっています。

エア抜きが終了した状態です。「ウィーン」という音がEWPの作動音ですが、安定した流速で冷却を行うのでキャビテーションが抑えられています。

クーラント交換が楽になる

純正サーモスタットを取り外し、EWPデジタルコントローラーやフルコンで制御した場合に限りますが、ポルシェ、NSX、MR2、ビートなどの『フロントラジエーター・リアエンジン車両』にはクーラント交換の手間に特に絶大な威力を発揮します。

エンジンをかける事無くEWP電動ウォーターポンプをONにすれば、簡単にクーラント注入ができエア抜きもすぐに終わり、エアを噛まなくなります。エア抜きが容易になりクーラント交換が楽になるだけでなく、交換後のキャビテーションが発生しなくなるので結果的にスワールタンクなども不要になります。

燃費向上が期待できる

純正ウォーターポンプを排除し、抵抗が減った事により燃費も向上するのは想像できると思います。従って、商用車への装着も大いに魅力と言えるのではないでしょうか。製造元(Daives,Craig)からは3~5%の燃費向上が見込めるという事です。

わずかながら軽量化にも

元のポンプを廃止して電動化する事で、純正ウォーターポンプ自身やウォーターポンププーリー、サーモスタット、バイパス通路などを取り外す事が可能となります。むしろEWPによるクーリング力UPでラジエーター容量を下げられる場合も考えられますので、フロント周りの軽量化に大いに寄与します。先に説明したキャビテーションに関しても、ラジエーターのスワールタンク等の撤去も可能になり、エンジンルーム内の整備性が劇的に向上するのでお勧めです。

リヤラジエーター化が可能に。

EWP電動ウォーターポンプ装着によりリアラジエーター化やラジエーターの小型化が可能となり、ターボ車はインタークーラー後ろのラジエーターが無くなることで出力向上、追突時破損リスクの低減、前後重量バランスの適正化にも大きなメリットになります。

冷間始動に威力を発揮

真冬やレース前のウォームアップ(プレヒート)にも最適です。
ジェットヒーター等をラジエーターに当てて電動ウォーターポンプONにすることで、ラジエーターで温められたクーラントが冷たいエンジンを循環させて、エンジンを始動させることなく温められるので、冷間始動に絶大な威力を発揮します。アルミの熱伝導はバカにはできません。冷間始動に苦しむ4スロ装着車、フルコン装着車、メタノール使用車両には特に最適となります。