リニアストロークセンサー 再入荷のお知らせ★

『車高調の浮き沈みを数値化してロガーに吐き出す』

ヨーロッパのモータースポーツシーンでは当たり前のリニアストロークセンサーが再入荷しました。
初回の案内時には多くの問い合わせをいただきすぐに完売という、それだけ一般に知られてないと言いますか知っていても入手経路がわからなかったお客様が多かったようです。

このストロークセンサーは、文字通りストロークを微細に計測する事が可能です。
ブレーキング時それぞれの浮き沈み、ウィングのダウンフォースがどれだけ効いているのか。
まさに知りたかったことがデータで見て取れます。

1本辺りの配線は3本。5V電源、アース、そして出力信号線からストロークごとに電圧が0-5Vで吐き出されます。
フルコンやレース用メーターを装着している車両ならばAN入力できるのでロガー測定可能です。
サンプリング速度はフルコンやメーターの仕様と性能に準じることになります。

円安の影響もあり入荷が厳しい状況でしたが価格も据え置きで、在庫分も少ないですが確保できました。ご希望の方はお早めにどうぞ。

リニアストロークセンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です